イギリスのフィンテック投資は世界第2位 -投資家を魅了し中国を追い抜く

イギリスに拠点を設置しているフィンテック企業、金融機関、ITベンダー等で構成するアソシエーション「Innovate Finance」の調査結果によれば、2017年にイギリスのフィンテック企業が調達した資金は18億ポンドに上ることが明らかになりました。2016年は7.04億ポンド程度であったことから、前年の1.5倍の規模となっています。現地メディアでは、2016年6月にイギリスでEU残留・離脱の是非を問う国民投票で離脱票が多数となり、将来の同国経済・政治環境に不確実性が漂うことから、フィンテック業界にとっても負の影響が生じるのではないかと懸念されていましたが、現実には想定ほどの影響は無かったとの見解が報じられています。 また、Innovate Financeの調査によれば、2017年の世界全体におけるフィンテック企業への投資は、2016年より18%少ない144億ドルとなったことから、投資家(金融機関、ベンチャーキャピタル:VC)は比較的イギリスのフィンテック企業に注目していることが分かります。 上記の結果、イギリスにおけるフィンテック企業への投資は、中国を抜き、アメリカに次ぐ世界第2位となりました。なお、2017年におけるアメリカでのフィンテック企業投資金額は、70億ドルとなっており、最も多額の資金調達を得たのはオンライン上で融資・レンディングを扱う「SoFi」で5億ドルとなっています。 関連記事「ロンドンは世界最高のフィンテックエコシステム?シリコンバレーとの違いとは」はこち…

続きを読む

今月の人気記事ベスト20

商品紹介