年平均+445%で躍進する豪デジタル銀行Prospa、今年中にもIPOか -中小企業融資市場シェア拡大に向けた資本…

オーストラリアのオンライン銀行Prospaが、IPOの可能性を示唆しました。Prospaは資本増強を実施し、主力商品である中小企業融資(ローン)販売拡大のための事業基盤を固めに動き出しています。 2011年に創業したProspaは、アジア太平洋地域の高成長企業調査「FT 1000 High-Growth Companies Asia-Pacific 2018」で見事トップとなったオンライン銀行で、去年には顧客企業数が1万2千社を超え同行の数値目標である融資額5億オーストラリアドルを達成しています。 【目次】 ✓商品・審査システム ✓資金調達・IPO ✓商品開発の背景 ✓Prospaの挑戦 ✓FT 1000 High-Growth Companies Asia-Pacific 2018調査結果 ✓まとめ <商品・審査システム> ✓Prospaは、3か月から12か月の期間で5000~25万オーストラリアドルを中小企業に融資する商品をオンラインで提供していますが、特徴は10万オーストラリアドルまでなら無担保で借りることができるところです。また、融資の申請には10分程度で完了するオンライン上の手続きを行うだけで基本的には同日中に承認がおり、着金は24時間以内と非常に早いところが中小企業経営者のニーズをキャッチしているところでもあります。 ✓「本当に審査しているの?」と思われた方もいるでしょう。Prospaは優秀なフィンテック企業ですので、機械での自…

続きを読む

ロンドン金融街シティ、インド政府とフィンテック支援憲章に合意 -巨大市場にイギリスのフィンテック企業参入容易に

2018年4月13日、イギリスのシティ・オブ・ロンドン自治体(City of London Corporation)がインド高等弁務官事務所(High Commission of India)と、フィンテック分野における相互協力を目的とした検証に合意しました。2017年9月に開始された「Access India Programme(アクセス・インド・プログラム)」という、イギリスの中小企業によるインドへの進出や投資を促進させる両政府間の相互協力の枠組みの中で、シティ・オブ・ロンドン自治体とインド高等弁務官事務所は特にフィンテック分野では積極的に協力してきましたが、今回公式に合意し、今までの協力活動をより活発化させることを目指しています。 この合意により、ロンドンのフィンテック企業は、巨大な市場規模と高度成長を続けるインド市場への参入がしやすくなることが期待されています。 ============================================================= シティ・オブ・ロンドン自治体 Catherine McGuinness(Policy Chairman) イギリスのイノベーティブなフィンテック企業の参入により、インドでデジタル革命が起こるだろう。 ============================================================= 【目次】 ✓背景 ✓主な合意内容…

続きを読む

今月の人気記事ベスト20

商品紹介