リトアニアでブロックチェーン技術を活用したバーチャル企業設立を容認 -EU域外からフィンテック企業流入を目指す

2018年4月17、バルト3国のリトアニアが世界初となるバーチャル・リミティッド・ライアビリティ・カンパニー(VLLCs: Virtual Limited Liability Companies、仮想有限責任会社)の設立を認める方針を発表したと、同国への直接投資を促進させる組織Invest Lithuania(インベスト・リトアニア)が報じました。バルト3国では、エストニアがフィンテック先進国といわれていますが、リトアニアも負けていません。 VLLCsと認められた企業は、リトアニアに物理的な本拠地を置かずに、同国の法人格を取得することができます。現在、リトアニアの企業の登記などを管轄する行政庁(The Lithuanian Centre of Registers)が、早ければ2019年中に同政策を実施できるよう改正法案を策定し始めています。同行政庁は、「物理的な国境はもはや過去の産物である。私たちのVLLCプロジェクトは、リトアニアを次のステージにステップアップさせるための論理的な手法で、フィンテック分野での功績をもたらす」と述べています。 VLLCプロジェクトは、世界でもイノベーションに積極的といわれているリトアニア中央銀行(the Bank of Lithuania)もかかわっています。同行ボードメンバーのMarius Jurgilas氏は「ブロックチェーン上のVLLCs設立は、当中央銀行が進めてきた同技術活用をさらに効果的なものに高めることができる」と、ブロックチ…

続きを読む

今月の人気記事ベスト20

商品紹介