ヨーロッパ最大級のフィンテック投資、アリアンツとテンセントから資金調達

ドイツフィンテック業界で急速な成長を遂げているオンライン専門銀行「N26」が、アリアンツのデジタル部門「Allianz X(アリアンツX)」や中国の巨大デジタル企業「テンセント(Tencent)」等で構成する投資家グループから、160百万米ドルを資金調達しました。

N26は、2013年に創設されたオンライン専門のリテール向け銀行で、一般的な銀行と異なり、支店を持っていません。既にヨーロッパの17市場で事業展開しており、ユーザーは85万人。新規ユーザーは、毎日2千人もいるようです。
N26の強みは「人工知能(AI)」。顧客個人のニーズに合った商品を自動提案するサービスが特徴的となっており、今後も更なる精度の向上に意欲を示しています。

今回の資金調達に関し、N26のValentin Stalf共同創設者兼CEOは、「ヨーロッパでも最大級、ドイツでは最大のフィンテック投資」と、調達金額の大きさに満足感を示したほか、「金融とデジタルサービス領域における2つの大企業」と戦略的なパートナーシップを築いたことに感謝するコメントを発表しています。調達した資金は、今年後半にも予定するイギリスとアメリカ進出の費用にあてるほか、新商品開発にも活用するとのことです。

なお、EYの調査によると、ベルリンに本拠地を置くスタートアップの資金調達は、2016年は11億ユーロ、2017年には29.7億ユーロと上昇傾向にあり、N26の資金調達により2018年は更に高くなる可能性があります。一方、ヨーロッパ最大のフィンテックエコシステムを持つロンドンでは、2017年に48.8億ユーロの資金調達実績があります。

(シリコンバレーとの違いは?ロンドンのフィンテックエコシステム)
http://fintechkenshirou.seesaa.net/article/fintechkenshirou180818.html

(イギリス銀行業界の最新フィンテック投資情報はこちら:2018.3)
タンデム銀行がフィンテック企業を買収!大手行へチャレンジ
http://fintechkenshirou.seesaa.net/article/fintechkenshirou1803172.html

(参考:Financial Times紙 Tencent and Allianz lead $160m funding for German online bank N26 2018.3.20)



「なるほど!」と思った方は、「いいね!」お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


今月の人気記事ベスト20

商品紹介