英中央銀行(Bank of England)が「フィンテックハブ」を設立 -ブロックチェーン技術と仮想通貨に着目

2018年3月22日、イギリスの中央銀行(Bank of England:BoE)が独自のフィンテック政策として「フィンテックハブ(FinTech Hub)」を設立することを発表しました。BoEの現行のアクセラレタープログラムの一環とされるフィンテックハブでは、BoEは金融業界における先進IT技術のトレンドを把握するとともに、中央銀行関連業務や同国の銀行システムに先進IT技術の導入を図られます。
BoEのマーク・カーニー総裁(Mark Carney)は、「フィンテックは金融システムをより効率的に、効果的に、安定的にする」ものと見ており、今までも、そしてこれからもフィンテック分野に注目していくことが予想されています。


BoEは今まで先進IT技術の導入を検討するため、独自提供しているアクセラレータープログラムの枠組みの中でブロックチェーン技術、RegTech(規制関連技術、レグテック)、人工知能(AI)、マシーンラーニング(machine learning)、サイバーセキュリティ(cyber security)領域での実証実験(PoC:Proof-of-Concept)を実施してきました。
現在も、同アクセラレーターに参加した少数のフィンテック企業とともにブロックチェーン技術を利用した新たな送金・支払いシステムを開発しています。また、マシーンラーニングを利用した規制関連サービスの開発も進められています。こうした取り組みが多いことから、世界の中央銀行の中でも特にフィンテックに熱心な中央銀行と見られています。


BoEは、フィンテックハブを活用して金融業界における先進IT技術全般について情報を収集しますが、将来金融システムに大きな変革をもたらす可能性がある技術として、特に「ブロックチェーン技術」と「仮想通貨」について注目しています。
BoEは今まで仮想通貨について「通貨」としての役割を果たしていないと評価しており、未だ「クリプト資産」として利用されているのみとの見方を示してきました。しかし、仮想通貨いずれ金融システムや社会経済において主要な役割を果たす可能性を秘めていると認識していることから、特に注目する分野としています。


関連記事「2025年までに仮想通貨は流通?市場調査結果が発表」はこちら↓
http://fintechnewslondonfintechjagi.sokuho.org/article/ukcryptocurrencybitcoinethereumlendingplatform.html


BoEのデイブ・ラムスデン副総裁(Dave Ramsden)は、「新たに設立するフィンテックハブは、BoEによるフィンテックに関する理解の促進とフィンテックの中央銀行業務への導入について、中核的な政策となる」と述べ、同政策がフィンテック業界・フィンテック企業との直接的なコンタクトとなるとの見通しを示しています。また、同副総裁は、フィンテック業界がもたらす同国経済への影響を考慮し、メリットを獲得し続けるために「オープンマインド(Open Mind)」も持って取り組むことを表明しています。そして、これからもイギリスのフィンテック業界の投資を継続していくことを明言しています。


イギリスでは、金融危機以降の過去10年間労働生産性の伸び悩みが社会課題となってきたことから、イギリス政府はユニコーンになるようなフィンテック企業が育ちやすい環境を整えることで、フィンテック業界、金融業界、IT業界の労働生産性を高めたい意向をもっています。寡占状態が長年続いてきた銀行業界と異なり、今ですらフィンテック業界では高い競争環境が見られていることから、将来中長期的な視点で見た場合さらに競争が激しくなると予測されています。競争環境が激しくなれば、洗練されたサービス、比較的安価なサービスが消費者や企業の顧客に選ばれることとなります。

イギリスは、2019年3月末のEU離脱(Brexit)を控える中、今まで維持してきたヨーロッパの金融ハブとしての地位を何としてでも守りたい考えで、イギリス政府、中央銀行、規制監督当局(FCA)によるフィンテック業界への注目度・期待はとても高くなっています。


なお、フィンテックハブは、同日開催されたイギリス財務省主催のフィンテックカンファレンス「International FINTECH Conference 2018」で、ハモンド財務相(Philip Hammond)が発表したイギリス政府の「フィンテック戦略(Fintech Sector Strategy: Securing the future of UK Fintech)」の中でも主要政策の一つとされています。
同戦略では、BoE、イギリス財務省(Treasury)、FCAがブロックチェーン技術に関連するタスクフォース(調査専門チーム)の設立が盛り込まれており、BoEの同タスクフォースのインターフェイスがフィンテックハブとなります。
日本に置き換えてみれば、日銀、財務省、金融庁が共同でブロックチェーン技術の調査を行うのと同様とお考え下さい。


関連記事「イギリス財務相がフィンテック戦略を発表!ブロックチェーン専門タスクフォース設置」はこちら↓
http://fintechnewslondonfintechjagi.sokuho.org/article/458198547.html


関連記事「【まとめ】イギリス政府が先導する「フィンテックウィーク2018」とは?」はこちら↓
http://fintechnewslondonfintechjagi.sokuho.org/article/458198717.html


(参照:Bank of EnglandのFinTechに関するページ)
https://www.bankofengland.co.uk/research/fintech

(参照:Finextra「Bank of England sets up Fintech Hub; works with firms on DLT interface to RGTS」2018.3.23)
https://www.finextra.com/newsarticle/31858/bank-of-england-sets-up-fintech-hub-works-with-firms-on-dlt-interface-to-rgts



「なるほど!」と思った方は、「いいね!」お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


今月の人気記事ベスト20

商品紹介