ロンドン証券取引所、初のフィンテックレポート発表 -イギリスはフィンテックの理想的な国?

2018年3月21日、ロンドンで開催されたフィンテックカンファレンス「London Stock Exchange Group FinTech Investor Forum」にて、ロンドン証券取引所(London Stock Exchange Group)とイギリスの金融業界団体「TheCityUK」が、今回初となる共同マーケット調査レポート「Finance For FinTech」を発表。同国フィンテック企業は、今後3年の間、年平均88%のスピードで業績が改善するとの調査結果が判明しました。
調査対象8カ国の平均は80%であったことから、イギリスのフィンテック企業は相対的に高い成長を期待していることが確認されました。また、他国と比べ、イギリスのフィンテック企業は、公開市場での資金調達を行う傾向が見られ、資金調達に係る障壁は比較的少ないと分析されています。国際展開に関しては、イギリスのフィンテック企業の43%が進出先国としてアメリカが優先的と回答し、一方のアメリカのフィンテック企業は、35%が進出先国としてイギリスが優先的と回答しました。各国のフィンテック企業が相互に進出先として魅力的と感じている背景には、母国後が英語であること、IT人材が比較的多いこと、法令体系の類似性等の要因があるとの見解も見受けられます。

関連記事「【まとめ】イギリス政府が先導する「フィンテックウィーク2018」」
http://fintechnewslondonfintechjagi.sokuho.org/article/458198717.html

本レポートは、ロンドン証券取引所とTheCityUKが8カ国400社超のフィンテック企業に実施したアンケート調査結果をまとめた内容となっています。調査結果では、全体の72%のフィンテック企業が国際展開を計画しており、その内、第一位の米国は33%、第2位の中国は30%、第3位のイギリスは24%となりました。同レポートでは、イギリスのフィン鉄器企業は、国際展開に際して資金調達や規制監督当局による支援が比較的手厚いことから、既に国際展開を計画する企業が多いと分析されています。

以下、調査アンケート結果のポイントを記載しています(対象は世界全体)。
<フィンテック企業の成長予測に関するアンケート結果概要>
①今後3年間の収入につき、平均80%増加を予測。内、シリーズD以降の企業については、更に高い平均320%の増加を予測している。
②43%のフィンテック企業が非上場の大株式会社(large privately owned businesses)になる長期計画を立てている。33%の企業は、上場株式会社を目指している。
③73%のフィンテック企業が、事業を成長させるために新市場への事業展開が必要と認識。同じく、73%の企業が、成長計画を達成するため新技術の開発が必要と認識している。

<フィンテック企業の資金調達に関するアンケート結果概要>
①最優先課題に関する質問では、最大となる35%のフィンテック企業が「資金調達」と回答。その他に、「R&D」、「国際展開」、「販売・マーケティング」との回答が多い。
②85%のフィンテック企業が、今後3年以内に株式、または社債による資金調達機会を得る可能性が高い。
③フィンテック企業が上場する場合の候補地については、NY・ロンドン・香港が上位3位となった。

<事業拡大に際しての障壁に関するアンケート調査結果>
①43%のフィンテック企業が、「高い競争性」を最大の障壁と回答した。
②66%の企業が、規制、コンプライアンス、税金等、政府が関与する項目の内1つ以上を障壁の要因と回答した。

関連記事「ロンドンは世界最高のフィンテックエコシステム?シリコンバレーとの違い」はこちら↓
http://fintechnewslondonfintechjagi.sokuho.org/article/fintechkenshirou180818.html

今回の共同レポート発表に際し、ロンドン証券取引所Global Head of Primary Markets and CEO TurquoiseのDr Robert Barnes氏は、「フィンテック企業には、長期的な資金調達と規制に係る支援需要があり、ロンドンはその両方を提供している理想的な場所である。ロンドン証券取引所は、引き続きフィンテック企業の長期的な資金調達需要を支援していく」と述べています。また、TheCityUKのMarcus Scott COOは、「イギリスは、世界金融の中心として歴史的に反映してきた場所で、フィンテック革命に関してもその最前線の場所となっている。将来にわたり、フィンテック企業にとって事業の開始、成長、事業展開において、世界最高の場所の一つであり続けることを支援していきたい」と述べ、政府、規制監督当局、金融業界が一丸となってコラボレーションすることがそれを確実にするとの見解を示しました。
さらに、シティ担当大臣のJohn Glen議員も登壇し、「イギリスのフィンテック業界は、同国経済に毎年66億ポンド寄与している。また、1,600社超のフィンテック企業が、6万人以上の従業員を雇用している」と国全体への影響の大きさを強調し、引き続き、政府、業界団体が協力していくことを述べました。

(ロンドン証券取引所(London Stock Exchange Group)HP)
https://www.lseg.com/

(ロンドン証券取引所(London Stock Exchange Group)によるプレスリリース)
https://www.lseg.com/resources/media-centre/press-releases/landmark-%E2%80%9Cfinance-fintech%E2%80%9D-report-highlights-growth-ambitions-uk-fintechs-0

(London Stock Exchange Group FinTech Investor Forum)
http://www2.londonstockexchangegroup.com/l/6522/2018-01-31/3yr2bh?_ga=2.2133043.2031347730.1517930641-643452234.1509098747/?external=true

(金融業界団体「TheCityUK」)
https://www.thecityuk.com/



「なるほど!」と思った方は、「いいね!」お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


今月の人気記事ベスト20

商品紹介