過去最高!2018年1-3月世界のフィンテック投資

2018年4月23日、スタートアップ調査会社のCB Insightが今年第1四半期におけるフィンテック投資トレンドに関する調査レポート「Global Fintech Report Q1 2018」を発表しました。このレポートによりますと、2018年第1四半期におけるVCベースのフィンテック投資件数は過去最高を記録しました。 【目次】  ■ 世界のフィンテック投資  ■ フィンテック・ユニコーン  ■ 2018年第1四半期のフィンテック投資額ランキング  ■ アクティブ・フィンテックVCランキング  ■ 領域別フィンテック投資   - リテールデジタル銀行   - INSURTECH(保険関連技術、インシュアテック)   - WEALTHTECH(ウェルステック)   - ブロックチェーン(Blockchain)  ■ まとめ <世界のフィンテック投資> 2018年第1四半期の世界中でのフィンテック投資件数は過去最高の323件を記録しました。前年同期に比べると17%増加、直近の2017年第4四半期に比べると13%増加しています。 投資額は54.17億ドルと、過去最高を記録した2015年第3四半期(55.21億ドル)より少ないが、過去2番目の規模となりました。前年同期比に比べると87%増加、直近の2017年第4四半期に比べると30%増加しています。 投資件数・投資額ともに過去最高レベルになっていることから、投資家…

続きを読む

イギリスのフィンテック投資は世界第2位 -投資家を魅了し中国を追い抜く

イギリスに拠点を設置しているフィンテック企業、金融機関、ITベンダー等で構成するアソシエーション「Innovate Finance」の調査結果によれば、2017年にイギリスのフィンテック企業が調達した資金は18億ポンドに上ることが明らかになりました。2016年は7.04億ポンド程度であったことから、前年の1.5倍の規模となっています。現地メディアでは、2016年6月にイギリスでEU残留・離脱の是非を問う国民投票で離脱票が多数となり、将来の同国経済・政治環境に不確実性が漂うことから、フィンテック業界にとっても負の影響が生じるのではないかと懸念されていましたが、現実には想定ほどの影響は無かったとの見解が報じられています。 また、Innovate Financeの調査によれば、2017年の世界全体におけるフィンテック企業への投資は、2016年より18%少ない144億ドルとなったことから、投資家(金融機関、ベンチャーキャピタル:VC)は比較的イギリスのフィンテック企業に注目していることが分かります。 上記の結果、イギリスにおけるフィンテック企業への投資は、中国を抜き、アメリカに次ぐ世界第2位となりました。なお、2017年におけるアメリカでのフィンテック企業投資金額は、70億ドルとなっており、最も多額の資金調達を得たのはオンライン上で融資・レンディングを扱う「SoFi」で5億ドルとなっています。 関連記事「ロンドンは世界最高のフィンテックエコシステム?シリコンバレーとの違いとは」はこち…

続きを読む

米VCがカナリワーフに拠点設置 -イノベーション部隊が集積

2018年3月21日、アメリカのVC(ベンチャーキャピタル)である「Motive Partners(モーティブパートナーズ)」が、ヨーロッパにおける活動拠点として、ロンドンの新金融街カナリワーフ(Canary Wharf)に拠点を設置しました。Motive Partnersは、フィンテック投資を専門とするベンチャーキャピタルで、現地メディアによりますと、既にロンドンで2件の投資案件を完了しています。 関連記事「ヨーロッパ最大級のフィンテック投資、アリアンツとテンセントから資金調達」はこちら↓ http://fintechnewslondonfintechjagi.sokuho.org/article/458154450.html Motive Partnersは、この新拠点を「ヨーロッパにおけるイノベーションと投資センター」と位置付け、「フィンテックの次世代育成とフィンテック業界の成長を促進させる」とプレス発表しています。また、カナリワーフグループ(Canary Wharf Group)と共同で、「ロンドンをフィンテックハブ(拠点)に位置付ける」と発表しています。なお、拠点設置前、Motive Partnersはカナリワーフ内に立地するカナリワーフグループ所有の「Level39」に仮オフィスを設け、ヨーロッパでの活動を実施していました。スタートアップ投資は人脈が重要であり、Motive Partnersは、金融業界に精通した人材として、HSBCの前会長、ゴールドマンサックス(…

続きを読む

ヨーロッパ最大級のフィンテック投資、アリアンツとテンセントから資金調達

ドイツフィンテック業界で急速な成長を遂げているオンライン専門銀行「N26」が、アリアンツのデジタル部門「Allianz X(アリアンツX)」や中国の巨大デジタル企業「テンセント(Tencent)」等で構成する投資家グループから、160百万米ドルを資金調達しました。 N26は、2013年に創設されたオンライン専門のリテール向け銀行で、一般的な銀行と異なり、支店を持っていません。既にヨーロッパの17市場で事業展開しており、ユーザーは85万人。新規ユーザーは、毎日2千人もいるようです。 N26の強みは「人工知能(AI)」。顧客個人のニーズに合った商品を自動提案するサービスが特徴的となっており、今後も更なる精度の向上に意欲を示しています。 今回の資金調達に関し、N26のValentin Stalf共同創設者兼CEOは、「ヨーロッパでも最大級、ドイツでは最大のフィンテック投資」と、調達金額の大きさに満足感を示したほか、「金融とデジタルサービス領域における2つの大企業」と戦略的なパートナーシップを築いたことに感謝するコメントを発表しています。調達した資金は、今年後半にも予定するイギリスとアメリカ進出の費用にあてるほか、新商品開発にも活用するとのことです。 なお、EYの調査によると、ベルリンに本拠地を置くスタートアップの資金調達は、2016年は11億ユーロ、2017年には29.7億ユーロと上昇傾向にあり、N26の資金調達により2018年は更に高くなる可能性があります。一方、ヨーロッパ最大のフ…

続きを読む

今月の人気記事ベスト20

商品紹介