1億ポンド 2018 2025年 AI allianz Atom Bank aviva AXA B3i Bank Of England bbva Bitcoin BLOCKCHAIN BNP Paribas BOE BREXIT Citi Citigroup Citiグループ crosswise Denizen EU EU離脱 FATF FCA Financial Times FINMA FinTech FinTech Action Plan FinTech Bridge FinTech Hub fintech week FT Funding FUNDING CIRCLE GDPR Generali Global Sandbox HSBC ICO Index Ventures Innovation Hub InsurTech IPO IT KYC Legal & General Level39 Monzo Motive Partners Munich Re N26 Network OakNorth Oodle OPAL Open Banking Open Innovation Orange Bank Ping Identity Corporation Project Innovate Prospa PSD2 raisin RBS RegTech Regulatory Sandbox REVOLT revolut Ripple sandbox santander Starling Station F Swift tandem Tech City構想 Tencent TransferWise UBS VanGuard vc Velocity アクサ アクセラレータ アセマネ アトムバンク アプリ アメリカ アリアンツ アンケート イギリス イスラエル イタリア イニシアチブ イノベーション インシュアテック インテーザ・サンパオロ インド エコシステム エストニア オンライン オンラインバンキング オーストラリア オープンイノベーション オープンバンキング カナダ カナリワーフ カンファレンス クラウド クラウドファンディング クリプトカレンシー クレディスイス グローバルサンドボックス コンプライアンス サイバーセキュリティ サイバー保険 サウジアラビア サンタンデール サンドボックス シティ シリコンバレー シンガポール ジュネーブ スイス スイス再保 スイス連邦金融市場監督機構 スタートアップ スピーチ スペイン セキュリティ タスクフォース タンデム タンデム銀行 ダィスラプティブ チャレンジャーバンク チューリッヒ チューリッヒ保険 テックシティ構想 テンセント ディスラプター ディスラプティブ デジタル デジタル化 デジタル銀行 デンマーク ドイツ ニュース ハモンド バルト3国 バンガード バークレイズ バークレイズ銀行 パリ ビッグデータ ビットコイン フィンテック フィンテックウィーク フィンテックハブ フィンテック・アクション・プラン フィンテック戦略 フランス ブラジル ブリッジ ブレグジット ブロックチェーン プロトタイプ ヘルスケア業界 ベルリン ベンチャーキャピタル ポーランド マクロン大統領 マシーンラーニング マネロン マネーロンダリング マルチデバイス マーケットシェア ミレニアル メイ メイ首相 モバイル ユニコーン ヨーロッパ リアルタイム リトアニア レボルト ロイズ ロイズ銀行 ロボアドバイザー ロンドン ローン 世界 中国 中央銀行 中小企業融資 人工知能 人工知能(AI) 仮想 仮想通貨 会議 保険 個人情報保護規制 先進IT 光彩認証 再保険 分散型台帳 分散型管理台帳 北米 医療データ 医療保険 医療機関 国際送金 実証実験 就活 当局 戦略 戦略投資 投資 損保ジャパン 損害保険 政府 新社会人 日本 日銀 書簡 東京海上 欧州 欧州初 決算 流通 消費者保護 無料 生命保険 生態認証 破壊 移行措置 第4次対日相互審査 米国 英国 英首相 融資 規制 証券 証券取引所 調査 調査レポート 豪州 財務省 資産運用 資金洗浄 起業支援 送金 選挙 金融 金融庁 金融政策 金融活動作業部会 金融犯罪 金融都市 銀行 銀行業界 韓国 顧客流出 香港

2025年までに仮想通貨は流通?市場調査結果が発表

2018年3月27日に発表された仮想通貨レンディングのプラットフォームを運営するLendingblock社の調査によれば、5割以上の一般消費者が「2025年までに仮想通貨が通常生活で利用になる」と考えていることが明らかになりました。 Lendingblock社は、2,000人を対象に仮想通貨に関する一般消費者の考えにつき調査を実施。全体の5分の1に当たる21%の消費者が現在あるいは過去になんらかの仮想通貨を保有していることが判明。さらに、55%の消費者が2025年までに、公共交通機関や多数の店で仮想通貨が利用できる社会になると考えていることが判明し、過半数の消費者が将来の仮想通貨の「通貨」としての役割が拡大すると予想しています。 また、回答者のうち56%は、将来仮想通貨を購入(新規購入・追加購入)を考えており、仮想通貨のリスクが減少すれば購入者は更に増えることが予想されています。購入を検討していると回答した人にとって、仮想通貨の購入のトリガーになる要因は、1位「セキュリティ向上によるリスクの減少」(32%)、2位「便利なモバイルアプリの登場」(28%)、3位「政府による支援」(23%)となっています。なお、10%が将来にわたり仮想通貨を購入する予定はないと回答しています。 関連記事「サンタンデール銀行が規制監督当局とブロックチェーンを活用したプラットフォームを共同開発」はこちら↓ http://fintechnewslondonfintechjagi.so…

続きを読む

もっと見る

今月の人気記事ベスト20

商品紹介